埃って、目に見えるものから、目に見えないものまで色々。
重いものは、床まで落ちてきて、積もっていきます。軽いものは、上のほうに積もり、いつまでも空に浮いているものもあります。
 人が通ると、その埃は、ふわふわと舞い上がり、また舞い降りて、重さによって、あっちこっちに積もります。
 毎日、毎日、その繰り返し。
 不思議ですね、
 無くなることは無いのでしょうか?
関連する記事
コメント
コメントする